*【うんこ漢字ドリル】奇跡の融合で220万部超えの大ヒット!子供も大人も楽しめる斬新な漢字ドリル!

こんにちは♪

ゆるまにすとのしらうおです(*´∀`*)

刀はイケメンに、戦国武将は美少女になるこの時代。

漢字ドリルはなんと・・・

 

 

うんこになりました。

 

えっ

うさうお

 

※今回のお話は『うんこ』を連呼しますので、お食事中の方はご注意ください

 

きっかけはこの1枚

大阪に行っていた彼氏のしゃーさんが、ある1枚の写真を送ってきました。

それがこの写真なんですが・・・

f:id:sirauominimal:20170520211514j:image

しらうお

う、うんこかんじどりる・・・?

てっきりネタ広告かと思ったんですが、どうやら実際に存在している模様。

めちゃくちゃ気になる!!

これは・・・買うしかないっ!!!

3店舗目でようやく入手

どうやらテレビで紹介されたらしくて、1店舗目と2店舗目は売り切れ。

3店舗目でやっと出会うことができました!

いい歳した大人が、うんこ漢字ドリルを求めて街をさまよう姿は、なかなかシュールかもしれません。

さぁ、中が気になるから早くレジに行こう♪

(ピッ)1058円です

店員さん

しらうお

たっかwww(心の声)

てっきり600円ぐらいかと思っていました・・・

私が学習ドリルの基準額を知らなかっただけなんですが、まさか1000円以上したとは・・・

うんこ漢字ドリルはちょっとした高級品。

1年生用を買ってみました

6学年分あったんですが、

うんこネタは年齢が低いほどおもしろい

という自論に基づき、1年生用を購入。

表紙を飾るメガネ&おヒゲのダンディなうんこさんは「うんこ先生」といいます。

 

(↑画質が悪くてすみません)

よく見ると、1年生と2年生用は「漢字ドリル」ではなく「かん字ドリル」になっています。

「漢」という字は3年生で習うためですね。

 

新学習指導要領対応でお母さんも安心です。

全国のどの地域で教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省では、学校教育法等に基づき、各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準を定めています。これを「学習指導要領」といいます。
(文部科学省HP、学習指導要領とは何か?より引用)

 

人類初の快挙を成し遂げました!みたいなこのノリ。

いいですね、こういうの大好きです。

「日本一楽しい漢字ドリル」の一部をご紹介

本の使い方・この学年で学ぶ漢字の一覧

さぁ、気になる中身を見ていきましょう!

(元の画像がないので、昔のブログ名が入っています。ご了承ください)

 

f:id:sirauominimal:20170520212345j:image

この本の特徴・使い方が書いてありますね。

 

f:id:sirauominimal:20170520212357j:image

1年生で学ぶ全ての漢字が、1ページにまとめられています。

うんこを使った楽しい例文

気になる例文を見ていきましょう。

1つの漢字につき、3つの例文が用意されています。

 

f:id:sirauominimal:20170520212418j:image

この うんこが 一番 大きい。

 

さ、最初から直球だね

うさうお

 

f:id:sirauominimal:20170520213645j:image

ぼくは、 六月に なるまで うんこを しないぞ

 

しらうお

しんじゃう

 

f:id:sirauominimal:20170520212516j:image

ありがとう。これで うんこが 七つ そろったよ。

 

ドラゴン〇ールだ!

しゃーさん

 

f:id:sirauominimal:20170520212527j:image

うんこを もらしながら、川下にむかって およいだ。

 

しらうお

ちょちょちょ挿し絵の破壊力wwwww

 

f:id:sirauominimal:20170520212543j:image

角を 右折した とたん、うんこが とんで きた。

 

カオスすぎる・・・

うさうお

 

f:id:sirauominimal:20170520213703j:image

お日さまが ぼくの うんこを てらす

 

いい1日がはじまるよ!

しゃーさん

 

f:id:sirauominimal:20170520212624j:image

火で あぶった うんこを どうぞ

 

遠慮しておきます

うさうお

 

f:id:sirauominimal:20170520212641j:image

お金が 足りなくて、うんこが 買えない。

 

しらうお

せつないね(´;ω;`)

 

f:id:sirauominimal:20170520212656j:image

うんこのような 貝を ひろったよ。

いえ、それは 貝のような うんこです。

 

しらうお

まさかの会話形式

 

f:id:sirauominimal:20170520212708j:image

うんこ先生のワンポイントアドバイスもあります。

 

しらうお

つやっつやのおしりがとってもプリティです

学習証明書もあるよ

しっかり勉強した証、学習証明書も用意されています。

これは嬉しいですね!

一部をご紹介しましたが、例文が本当におもしろくてツッコミが追いつきません。

なんといっても驚きなのは、この例文を全て1人の男性が考えたということです。

うんこ例文の生みの親、古屋雄作さん

小学生が6年間で学ぶ漢字の数は全部で1006文字。

「うんこ漢字ドリルは」1つの漢字につき3つの例文が用意されているため、

例文の数はなんと3018個!!

この3018個の例文をたった1人で考えたのが、古屋雄作さん。

脚本家・演出家・映像ディレクターとして活躍されている方です。

このボキャブラリー・・・すごすぎる・・・!

ちなみに、3・4年生用の例文は沖縄のホテルにこもって考えたそうです。

美しい沖縄の海を見ながら生まれたうんこな例文たち・・・なんだかロマンチック(?)ですね。

古屋雄作さんのHPはこちらです*

これも面白い!人の怒らせ方シリーズ

古屋さんのHPを拝見してきましたが、なんと「人の怒らせ方シリーズ」があるじゃありませんか!

な・・・なつかしいなぁ・・・

タイトル通りで人の怒らせ方を紹介していく番組なんですが、これすごく好きだったんですよね。

当時なんとなくレンタルしたらすごく面白くて!

これも古屋さんの作品だったのかぁ・・・うんこ漢字ドリルが面白いのも納得です。

「うんこ」にこめられた真剣な想い

「うんこ」という単語を大人は忌避しがちかもしれませんが、

子どもにとっては気持ちが盛り上がる言葉であり、

口にするだけで楽しくなる魔法のような言葉でもあるのです。

(中略)

笑顔で机に向かう子どもたちが増えることを心から願っています

(「うんこかん字ドリル 小学1年生」おうちの方へ より引用)

 

うんこって聞くと思わずクスッと笑っちゃいませんか?

堂々と口に出しにくい言葉だけど、きっと多くの人が心のどこかで好きなんじゃないかな、うんこ

蛍光色を使ったカラフルでポップな本のデザインも、うんこという言葉からイメージされる生々しさを薄めるためらしいです。

一見、(良い意味で)くだらないと思われるものでも、その裏側には、

  • ユーモアを忘れず
  • まじめに
  • 真剣に
  • 全力で

取り組んでくれた人たちの熱い想いが込められているんです。

こういう大人たちがいてくれること、とてもうれしく思います。

うんこ先生からみんなへ

f:id:sirauominimal:20170520212854j:image

 

人が いやがるような ことを 言ったり、

まわりに めいわくを かけたり しては いかんのじゃ!

これは、べん強と 同じくらい

大じな ことじゃからな!

 

これは子供だけじゃなく、大人にとっても大事なことですね。

他にも、

「あくまでユーモアだから、例文に書いてあることは実際にやっちゃダメだよ」

という内容も書いてあります。

ちゃんと細かいところまで配慮して作られていますね。

しらうお

良い子もわるい子も大人の人も、絶対例文のマネしちゃだめだよ!

220万部超えの大ヒット

何度もうんこを連呼してしまいすみません。

リアルでもあまりうんこという単語を連呼するキャラではないのでちょっとドキドキしていますが、こんなにうんこうんこと言ったのは初めてで、なんだか世界が広がったような気がします。

2017年5月12日の時点で、発行部数148万部ということで、出版元の文響社さんによると、今後のシリーズ化も検討中だそうですよ。

(追記・2017年の年間売り上げ部数が220万部を超えたため、タイトルを一部変更しています。)

 

公式HP「うんこ学園」はこちらです*

 

しらうお

英語が苦手だから「うんこで覚えるEnglish」とか出たらいいなぁ

ではでは♪

ゆるまにらいふでハッピーな毎日をっ(*´ω`*)

 

*今回紹介したのは1年生用ですが、ちゃんと6学年分ありますよ*

 

*うんこ算数ドリルも仲間入り!先生が強そうですね*

 

*かわいいタッチのうんこカタカナもあります*

 

*たくさんのブログの中から遊びに来てくれてありがとうございます*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ