【衝撃のひとこと】収納という名の巣を叩け!

こんにちは♪

ゆるまにすとのしらうおです(*´ω`*)

 

しらうお

突然ですが、

ここを通りたければ

合言葉を言えー

しらうお

「収納という名の?」
「こころのかべ」

しゃーさん

わし、うまいこといった!

てつがく!

しゃーさん

しらうお

ブブー

うまいこと言ってなーい

がーん

しゃーさん

 

というわけで、今日は収納のお話です。

 

生き方を変えてくれた大切な1冊

(▲カバーをかけて大切に保存しています)

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

わたしのバイブルであり、価値観や生き方を変えてくれた大切な1冊です。

ミニマリストってなんかかっこいいなぁ、

わたしもなれるかな?

よーし!やってみよう!

こんな感じで、わたしのミニマリストライフはスタートしました。

 

▼そして今では「ゆるまにすと」です(*´ω`*)

ミニマリストから2年。今日から「ゆるまにすと」宣言!

衝撃的を受けたひとこと

この本の中で特に衝撃的だったのが、この部分。

 

だけど、たとえば害虫を駆除する場合のことを考えてみよう。

虫を1匹1匹駆除した後で、巣の撤去にとりかかるだろうか?

1匹ずつ駆除してもきりがなく、いずれ巣で増えて、元通りになってしまう。

(▲「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」より引用)

 

しらうお

!!

 

「収納という巣」があれば、モノを減らしたつもりでも、いつの間にかモノはそこに住み始めて増えていく。

だからまずは、「巣」である収納を叩くのだ。

(▲「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」より引用)

 

しらうお

!!!

 

ほんとだ・・・ほんとだーーー!

何で今まで気がつかなかったんだろう、

確かに、ハチの巣を駆除する時も、まずは中のハチを1匹ずつ・・・なんて気の遠くなることはしませんもんね。

「収納=巣」なんて考えたこともありませんでした・・・

盲点です。

収納さえ増やせば、片づけ上手になれると思ってたんです。

それなのにまさか逆だったなんて・・・!

「収納という巣」を叩く・・・

衝撃過ぎて目からウロコがぽろぽろでした。

 

収納という名の巣を叩け

(▲ティッシュは大きさの比較用です)

 

そのおかげで手放せたのが、このカラーボックスです。

もう3年前だからなつかしいなぁ。

すでにだいぶモノを捨てた後だったから、「さすがにこのボックスまでは捨てられないよー!」と思ってたんですが・・・

人って変われるものですね、身をもって実感しました。

よくよく考えると、このボックスに収納してたモノって、ふだん使わないようなどうでもいいモノばかりで・・・

「巣があるとムダなモノが増える」のも本当だなって、これまた身をもって実感しました。

 

片づけするなら巣を叩け。

収納という名の巣を叩け。

 

今ではわたしの合言葉です(*´ω`*)

 

しらうお

わたしを変えてくれたこの本には本当に感謝しています♪

 

 

▼こっちも近いうちに読みたいなぁ

 

ではでは♪

ゆるまにらいふでハッピーな毎日をっ(*´ω`*)

 

▼この後にオススメのお話です

いらないモノが多い家は、ぎゅっと握ったこぶしと同じ。しあわせが入れる余白を作ろう 【意外と困らない】わが家には蛍光灯のないお部屋があります

 

▼3人をゆるっとプッシュで応援してね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ

 

▼読者登録で更新情報をゆるっとゲット♪

しらうおのハッピーゆるまにらいふ - にほんブログ村

 

error: Content is protected !!