死ぬことは、生きること。「終わり」を想えば「今」が輝く

こんにちは♪

ゆるまにすとのしらうおです(*´ω`*)

今日は人生について考えてみました。

「どうせ最後は死ぬんだから」って聞いたらどう感じますか?

 

わかってるはずなのになかなか意識できない

f:id:sirauominimal:20170409140906j:plain

ベビーカーに揺られて気持ちよさそうに眠る赤ちゃんと幸せそうな夫婦

ゲームをしながら歩いてる男の子

買い物帰りで楽しそうな女の子

お仕事中の社会人

お芝居の感想で盛り上がるご年配のみなさん

海外から来た観光客

・・・

多くの人が行きかう交差点で、ふと気づいたんです。

今ここにはたくさんの人がいるけれど、ほとんどの人たちが100年後にはいない、ということに。

いやいや当たり前だよわかってるよ?って思ってたのに、しっかり意識したことってなかったなぁ・・・

死を考えるのってこわいけど・・・ちゃんと向き合ってみたら、自分の人生を見つめなおす良いきっかけになりました。

ゲームのモブキャラが教えてくれたこと

子供のころに遊んだゲームの中で、モブキャラのおじちゃんがこんなことを言っていました。

 

死んだ親父が言ってたよ、死を前にして人は平等ってさ。

あの頃はわからなかったけど、この歳になってやっと理解できたよ

 

って。

うろ覚えだけど、確かこんなセリフだったんです。

生きている間は不公平な出来事がたくさんあっても、「死」という人生の終わりはみんな平等に訪れる。

どんなにお金持ちでも、偉い人でも、

永遠に生き続けることなんてできないんですよね。

 

思いっきり生きていいんだよ

100年後にはほとんどの人がいないということは、自分を知っている人もいなくなるということ。

それなら、失敗や黒歴史とかそこまで気にしなくていいんじゃないかな?

人の記憶なんて一時的なものだし、失敗して恥ずかしいのは自分が生きてる間だけ。

よく考えたら自分の失敗が後世に語り継がれるわけじゃない。

つまり・・・失敗を恐れずもっと思いっきり生きていいってことなんです!

「終わり」はいつ来るかわからない

「終わり」がやってくるのは、

もしかしたら今日かもしれないし、明日かもしれません。

そのことを、わたしはいつの間にか忘れていました。

昔、交通事故を経験した時に、痛いほど実感したはずなのになぁ・・・

親をちゃんと見送ってからがいいなぁと思うけど、こればっかりはわからないから・・・

だから、

心残りはなるべく少なくしておきたいな。

そのためにも、

今この瞬間をもっと大切に生きよう。

大切な人との絆をもっと大事にしよう。

やりたいと思ったことはどんどんチャレンジしてみよう。

生きているうちに!

 

まとめ

正直言うと、やっぱり死ぬのはこわいなぁ。

お布団で(˘ω˘)スヤァァァしながら旅立ちたいなぁ~というのが本音なんですが、どれだけ願っても死ぬことからは逃げられないし、いつ来るかもわからないから。

それに、

たった1度しかない人生のフィナーレならば、

どーだやりたいこと全部やってやったぞー

人生めっちゃ楽しかったぞぉぉぉぉぉ!!

って胸を張って大笑いしながら、

盛大に幕を下ろしたいものですね。

泣いても笑っても1度きりだから、思いっきりしあわせな人生にしましょう!

 

しらうお

たくさんまわり道して、たくさんバカなことして、たくさん学んでからゴールに向かうんだぁぁぁ!

 

 

ではでは♪

ゆるまにらいふでハッピーな毎日をっ(*´ω`*)

 

*たくさんのブログの中から遊びに来てくれて
ありがとうございます*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ

 

error: Content is protected !!