【初めてのクリスマス】たったひとつのネックレス、しあわせな思い出の宝物

こんにちは♪

ゆるまにすとのしらうおです(*´ω`*)

しあわせな思い出が、

モノを宝物にしてくれます。

今回はそんなネックレスのお話です。

 

ネックレスはひとつだけ

わたしが今持っているネックレスは、

ひとつだけなんです。

 

f:id:sirauominimal:20170806225723j:image

それが、この4℃のネックレス。

3年ほど前・・・

付き合い始めて最初のクリスマスに、

彼がプレゼントしてくれたものです。

クリスマスの思い出

待ち合わせ場所は、

イルミネーションが綺麗な駅前広場。

 

きょうね、職場のひとからチョコもらったからあげるー!あけてみて!

しゃーさん

 

唐突に彼氏のしゃーさんから手渡されたビニール袋。

言われるまま袋の中に手を入れてみると・・・

 

しらうお

(お、おぉ?

この大きさと形はチョコじゃない・・・かな?)

 

袋から取り出してみると、それはかわいくリボンがかけられた4℃の箱でした。

顔を上げると、

とても照れくさそうに笑う彼がいました。

ぶっ・・・

 

しらうお

不器用すぎぃぃぃぃぃぃ!!(笑)

 

あまりにも不器用な渡し方に思わず笑ってしまいました。

そう・・・彼はとっても不器用なんです。

やさしくて、恥ずかしがり屋で、上手にウソがつけない素直な人。

きっと勇気を振り絞って渡してくれたんだろうなぁ・・・

わたしが袋の中を確認している時、内心ドキドキしてたんだろうなぁ・・・

このネックレスを見るたびにあの日の光景がよみがえります。

そして、とても愛しい気持ちになるんです。

 

いっぱい持ってたけど大切じゃなかった

わたしは以前、アパレル販売の仕事をしていました。

そのころは、洋服もアクセサリーも、数えきれないほどいっぱい持っていました。

好みの物を見つけては「あーかわいいー!」と言って買い、

プチプライスの物を見つけては「やっすーいかわいいー!」と言って買う。

他のスタッフやお客さんから「えーそれかわいい!どこで買ったの!?」って聞かれることがすごく嬉しくて・・・でもそこに物への愛情はなくて。

ただ、買ってただけ。

ちっぽけな自己満足のために買ってただけ。

チェーンが絡まってもそのまんま、汚れがついてもそのまんま。

扱いは雑だし、買った時のエピソードなんてもちろん覚えてはいません。

こんなんじゃ大切にしてるなんて言えませんよね。

減らしたから気づけたこと

それに気づけたのは、おもいきってモノを減らしたからでした。

モノを減らすと、モノとの付き合い方が変わります。

モノと一緒に、その時の思い出を大切にしたい、

そう思うようになったんです。

 

あたらしいネックレスいらない?誕生日にプレゼントするよ?

しゃーさん

 

って彼は言ってくれるけど、まだ必要ないから大丈夫。

ちゃんとメンテナンスをして、できるだけ長く使いたいな。

いつかこのネックレスが寿命を終えた時に、新しいのを買ってくれたら嬉しいな。

彼にもそう伝えています。

 

まとめ

モノを減らしたら大切にしたい思い出が増えました。

4℃のネックレスは、

今日もわたしの首元で輝いています。

 

ではでは♪

ゆるまにらいふでハッピーな毎日をっ(*´ω`*)

 

▼彼が買ってくれたマグカップも宝物です

愛用のマグカップ。思い出があればどんな物でもオンリーワン

 

▼お気に入りの物を使うってとってもしあわせ

好きな物・お気に入りの物は使うのが楽しい。少しずつ入れ替え中です

 

*たくさんのブログの中から遊びに来てくれて
ありがとうございます*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ

 

error: Content is protected !!