*【口下手さん必見】会話のコツはたった1つ、相手を〇〇させるだけ!

こんにちは♪

ゆるまにすとのしらうおです(*´∀`*)

4月に入ってもう12日が過ぎましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすくなるので、栄養と休養をしっかり取ってくださいね。

 

春は人と話すことが増える季節

さてさて、春は変化の季節・・・進学や就職で環境が変わった人も多いと思います。

どうですか?新しい環境にはもう慣れましたか?

自己紹介や歓迎会など、人と話すことも増えてくるので、会話が苦手な人には特に気が重い季節かもしれませんね。

今回は、そんなあなたにおすすめのお話です。

販売員時代の経験が少しでも役に立ったらいいなぁ。

会話のコツはたったひとつ

相手を〇〇させよう

さて、〇〇の中には何が入ると思いますか?

納得?感心?びっくり?

正解は・・・

 

気持ちよく

 

です!!

そう。会話のコツは「相手を気持ちよくさせること」なんです。

たったこれだけで大丈夫。

では、なぜ相手を気持ちよくすると会話が続くようになるのでしょうか?

人は話したい生き物

それは、人は話したい生き物だからです。

いつもは口数が少ない人でも、嫌なことや嬉しいことがあった時・・・つまり感情が大きく動いた時には、

「ねぇねぇ聞いて聞いてーーー!!」

とスイッチが入るんです。

ちなみに、このスイッチが常にONになっている人が、俗に言うおしゃべり好きな人

まわりに1人はいるかと思います。

わたしの職場の先輩がこのタイプです。

会話が続く返事、続かない返事

それでは、会話が続く返事と続かない返事の例を見ていきましょう。

上司に仕事を押し付けられてストレスがいっぱいのAさんは、

誰かに話を聞いてもらいたくて仕方がありません。

そこでBさんとCさんに話を聞いてもらうことにしました。

パターン1・正論Bさんの場合

Aさん「ちょっと聞いてよ、昨日上司からイヤな仕事全部押し付けられてさー!自分が早く帰りたいからってありえなくない!?」

Bさん「えーでもさぁ、それ断らない自分も悪くない?」

Aさん「あーうん・・・そうだよね・・・」

会話がストップしてしまいました。

Bさんの一言は確かに正論かもしれませんが、Aさんはグチを聞いてほしいという欲求を満たせずにモヤモヤが残ってしまいました。

これでは気持ちよくありませんね。

最悪の場合、「そんなこと言われなくたってわかってるよ!できないからイライラしてるんじゃん!」とAさんを怒らせてしまうかもしれません。

パターン2・共感Cさんの場合

Aさん「ちょっと聞いてよ、昨日上司からイヤな仕事全部押し付けられてさー!自分が早く帰りたいからってありえなくない!?」

Cさん「うわぁ・・・それは大変だったね。何時まで残業してたの?」

Aさん「それなんだけどさ!10時だよ10時!!ひどくない!?せっかく美容室予約入れてたのにー!!」

Cさん「えっ10時まで仕事してたの!?その上司ひどいね!いつもそんな感じなの?」

Aさん「そうそう!そうなんだよ、実はこの間も新人の子泣かせてたんだよ!他にもいっぱいあってさぁ・・・もー聞いて聞いてー!」

自分のグチに共感してくれたCさんに、Aさんはうれしくなってどんどん話を続けます。

抱えている気持ちを吐き出すことができて、気持ちがいい状態ですね。

どっちと話したい?

自分がもしAさんだったとしたら、BさんとCさんのどっちと会話をしたいですか?

・・・やっぱり、Cさんですよね?

正論が全てじゃない

会話を続けるという点においては、正論を言うのはそこまで重要なことではありません。

重要なのは「話したい」という相手の欲求を、気持ちよく満たしてあげることなんです。

共感と質問

そのためには、まずは相手の話に共感してあげましょう

「わたしの気持ちをわかってくれる」と感じると、人はうれしくなって気持ちがよくなります。

そこで会話を広げるために、今度はこっちから少しだけ質問をしてみましょう。

そして、

その答えに共感してあげて、また質問をする。

この繰り返しで立派な会話になるんですよ。

無理に話そうとしなくて大丈夫

自分が話せない分、相手に気持ちよく話してもらいましょう。

自分の話を聞いてくれる人を嫌いになる人は、まずいません。

一見、相手のペースで会話をしているように見えますが、そのペースを作り出しているのは実は自分。

つまり会話の主導権を握っているのと同じこと。

これってすごいことだと思いませんか?

参考例

ひとつ参考例を紹介します。

繰り返しになってしまいますが、大切なのは、気持ちよく話してもらうことですよ。

そのことを頭に入れながら見ていきましょう。

【例】「普段何してるの?」

多趣味で無趣味なわたしも困ってしまうこの質問。

ウソをついて知ったかぶりをすると後々ボロが出てしまいます。

ここは正直に答えてしまいましょう。

自分「いやぁ、特にやることなくてゴロゴロしちゃってますね。〇〇さん(相手の名前)はどうですか?」

こんな風に、相手にも質問を投げかけてみましょう。

相手の返事によってこっちの返事も変わってきます。

【パターン1】「お料理教室に行ってるよ」など、相手に趣味がある場合

これは助かりますね!

相手の趣味を中心に会話を進めていきます。どんどん趣味の話をしてもらいましょう。

「お料理教室ですか!すごいですねーどんなの作るんですか?」とか、

「もしかして魚もさばけるんですか?私うまくできなくて・・・コツとかありますか?」とか、

相手の趣味を中心に会話を進めていき、どんどん相手にしゃべってもらいましょう。

【パターン2】「私も同じかな」など、会話が発展しにくい返事の場合

これはちょっと困ってしまいますね。

だけど大丈夫。

無理をせずに、そのまま質問しながら様子をみましょう。焦らずゆっくりで大丈夫です。

会話が発展しそうな話題が出てきた時に、その話題に切り替えていけばいいんです。

「一緒ですね。やっぱり休みの日ぐらいゴロゴロしていたいですよね。〇〇さんは何時間ぐらいゴロゴロしてるんですか?」

「〇〇さんおすすめのゴロゴログッズって何かありますか?クッションですか!いいですね。どんなクッションですか?(どこで買ったんですか?値段はいくらぐらいですか?など)」

こんな感じで少しづつ会話を広げていきましょう。

まとめ

f:id:sirauominimal:20170412161853j:plain

ちゃんと話せるかな、変に思われないかな、なんて心配しなくても大丈夫。

最初から上手にできる人はいませんし、わたしもそうでした。

うまく言葉がでてこないよー!

と思うかもしれませんが、会話の中には次に繋げるためのヒントが必ず隠れています。

それを見つけたら「その気持ちよくわかるよ」と共感して、相手を気持ちよくしてあげて下さい。

言いかえれば「喜ばせ上手」ですね。

1分間会話を続けることができたら、次は2分、3分とちょっとずつ目標を上げていきましょう。

この春、みなさんの会話ライフが素敵なものになりますように。

ではでは♪

ゆるまにらいふでハッピーな毎日をっ(*´ω`*)

 

 

*たくさんのブログの中から遊びに来てくれてありがとうございます*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

 

*こんなお話もありますよ*

*シングルタスクが大切。やるべきことは「見える化」してひとつずつ片づけよう *心と体がからっぽな日は目標を下げて、がんばった自分をほめてあげよう