*生まれてはじめての暖房ゼロ生活を達成!インフルエンザにも勝ちました

こんにちは、ゆるまにすとのしらうおです(*´∀`*)

今回の冬は薄着&暖房を使わずに過ごすことに成功しました!

その経験から学んだことをご紹介したいと思います。

 

 

【目次】

 

 

暖房ゼロ生活のルール

 

ルールは簡単。

自宅ではエアコン、こたつ、ストーブなどの暖房器具を一切使わない。ただそれだけです。あとは必要以上に着こまず、薄着を心掛けていました。

※職場での暖房使用はノーカウントです。みんなで働いているため、私だけわがままを言うわけにはいかず・・・ご了承ください(;∀; )

 

 

メリット1 暖房代が節約できる

当たり前ですが、今まで暖房にかけていたお金がかからなくなりますね。

エコにもつながります。

 

 

メリット2 体温調節機能の働きが正常になり、寒さに強くなる

不思議と寒さに体が慣れていきます。

寒いのは寒いんですが「あれ?これくらいの寒さなら余裕でガマンできるぞ?」と思えてくるんです。もともと寒がりなので、この変化には驚きました。

今までは厚着と暖房の力で体を温めていましたが、真逆の生活をすることで体温調節機能が正常に働くようになり、自分の力で体が温まるようになりました。

 

 

メリット3 免疫力が上がり、カゼをひかなくなる

私自身カゼをひきやすく、他の人のカゼももらいやすい体質でしたが、今回の冬は一度もカゼをひくことがありませんでした。

職場でインフルエンザにかかった方がいたんですが、インフルエンザをもらうことなく無事に過ごすことができたのは奇跡だと思いました。

あえて寒い環境に身を置くことで免疫力が上がったのだと考えられます。

 

 

メリット4 自信がつき、気持ちに余裕がうまれる

チャレンジ前は「こたつのない生活なんて絶対無理だよぉぉぉぉぉぉ!」と思っていましたが、やってみると意外と大丈夫だということがわかりました。

ひとつの目標を達成したことで「私にもできた」という自信につながりました。

 

 

デメリット 変わった人だと思われる

さて、ここからはデメリットですが・・・変わった人だと思われます。

私はもう慣れましたが・・・お約束ですねw

周りと違うことをするとどうしても変わった人という目で見られてしまいます。だけど気にしちゃいけません。人は人、自分は自分です。

 

 

番外編1 どうしても寒い時は・・・

 

掛け布団にくるまって過ごしました。

「やせ我慢せずに暖房使いなよ・・・」と家族から呆れられましたが、目標を達成したかったので耐えました。

 

 

番外編2 暖房を使う習慣がなくなった

 

暖房を使わない生活に慣れてしまったので「暖房のスイッチを入れる」という行為そのものが自分の中から消えてしまったのです。

そのため朝一番に出社したのに暖房をつけ忘れてしまい、職場の皆さんから注意されることもしばしば・・・いやぁ慣れってすごいですね。

 

 

まとめ

 

f:id:sirauominimal:20180108130645j:plain

 

寒いから厚着をして、暖かい部屋で過ごすのは当たり前だと思っていました。

だけど、それは自分を甘やかして「寒い→厚着&暖房→さらに寒がりになる」という悪循環を作り出していただけだったのかもしれません。

暖房ゼロ生活を通して、自分を鍛えるためにあえて厳しい環境に身を置くことも大切だなぁと感じました(*´∀`*) 

※実際に行う際は体を壊さないように無理のない範囲でお願いします。持病をお持ちの方は特にお気をつけください。

 

 

▼最初から「無理ぃぃぃ!」と決めつけずにやってみるもんですね。得られるものがいっぱいありました。応援よろしくお願いします^^*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!